西川社長
興電舎は平成29年(2017年)に創業から100年を迎えました。

大正6年の創業以来、当社の事業ドメインは時代とともに変化し続けて参りました。
創業当時のモータ製造から始まり、現在は各種のファクトリーオートメーションライン、装置のご提供を通じてお客様の商品の競争力やモノづくりの競争力を高めることを事業の核としております。
この変化の中にあっても、我々の使命は一貫して『お客様の生産活動を我々の技術で支える』というものです。そして、事業活動を通じて、社員一人一人が常に成長し続ける環境を作り続けることを目指しています。

我々は『社会への貢献』を常に追求していきたい。お客様に、お取引様に何が『貢献』できるか。仲間に、家族に何が『貢献』できるか。
このことがすなわち人間としての真の尊厳であり、喜びであると考えます。
一人一人の力は小さくとも、その力を合わせてお客様に貢献できるための『能力(スキル)』と『心(マインド)』とを併せ持った職常人としての『信頼感』を高め続けていくこと。
そのためには、社員同士がしっかりと信頼感で結ばれ、お互いが常に高めあっていける、そんな企業であり続けたいと考えています。

これからの100年に向けて、常に進化し、信頼されるモノづくり企業として地球環境に配慮した企業経営を実践し、社会貢献、コーポレートガバナンス、コンプライアンス活動を徹底します。
興電舎は、私たちを支える皆様の成功に貢献し続ける企業でありたいと考えています。
これからも皆様の変わらぬご愛顧とご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

株式会社 興電舎
代表取締役社長 西川正巳