今の 気持ち

「今の気持ち」というタイトル、私がもう20年以上前に書いていたblogのタイトルですが、実はオリジナルではなく、当時「なぜ会社は変われないのか」という書籍を書かれたスコラ・コンサルトの創業者、柴田昌治さんがその昔よくコラムに使われていたタイトルからとったものです。

いまでこそ脚光をあびているインフォーマルグループによる、内発的動機を重視した「風土改革プロセス」ですが、その当時は画期的で、私自身その著作にとても衝撃をうけました。

そして、柴田さんが、ご自身のコラムで、これも今では市民権を得つつある「 気持ち 」という言葉をビジネスの文脈でつかわれたことにも、新鮮さを感じ、まねをして使い出したというわけです。

その後、スコラさんとのお付き合いも20年以上になり、私自身にも紆余曲折がありましたが、柴田さんの、組織の中で起きている目に見えない文化的なものを言葉にして表現されるセンスには、いつも軽い衝撃をうけながら今日でも、自称「柴田昌治研究家」として、その意味するところを自分なりに追い続けています。

もしかすると、当時はビジネスでは「 気持ち 」を押さえなくてはいけないと思っていた中で、(柴田さんとしては深い意味もなかったのでしょうが、)「気持ち」ということばを使われていることに、わたし自身がなんとなく惹かれるものがあったのでしょう。

ということで、こうした戯れ言をまた少しづつ書いていこうと思います。

同一カテゴリ記事 (直近3件)